スポーツ救急員(公認インストラクター/認定プロバイダー)

本協会では、これまで養成を行ってきた「スポーツ救急手当」の取り扱いを2021(令和3)年7月31日をもって終了し、新たに「スポーツ救急員養成講習会開催規程」「スポーツ救急員登録規程」」に基づく「スポーツ救急員」の認定を行っています。

2021(令和3)年7月31日以前にスポーツ救急手当講習会により認定された下記の認定資格者の更新に関しては、暫定措置として、①認定カードの写しの提出 ②スポーツ救急員登録申請書【様式-3】の提出 ③暫定措置用更新料2,000円の納入 をすることにより、既定の有効期間に1年を加算した登録証(カード)を発行いたします。
《対象資格》
・スポーツ救急手当インストラクター
・スポーツ救急手当インストラクター(酸素救急資格)
・スポーツ救急手当プロバイダー
・スポーツ救急手当プロバイダー(酸素救急資格)
・スポーツ救急手当プロバイダー(環境障害)
・スポーツ救急手当プロバイダー(酸素救急資格+環境障害)
・CPR&AEDプロバイダー(旧資格)

ただし、以下の場合は暫定措置の対象外となりますのでご承知おきください。
(1)「スポーツ救急手当」(上記対象資格)の登録証の有効期間が過ぎている場合
(2)カードを紛失している場合
上記(1)又は(2)に該当し、引き続き資格保有を希望される場合は、新規でスポーツ救急員の資格を取得していただきますようお願いします。

※上記①②の書類は、ページ下部の【資格管理センター】へ郵送又はメールでご送付ください。
※上記③更新料については下記「スポーツ救急員 更新登録料振込先」へお振込みください。

《スポーツ救急員登録申請書(暫定措置用)【様式-3】
 ・PDF版    ・EXCEL版 excel

スポーツ救急員の資格の種類と有効期間
・公認インストラクター(有効期間:4年)
・認定プロバイダー(有効期間:4年)

スポーツ救急員養成講習会について
 協会が定めるカリキュラムに基づき養成講習会を開催します。
 ※救急蘇生に関する内容は『救急蘇生法の指針(市民用)』の内容に準拠したものです。

(1)公認インストラクター養成講習会の開催
 協会が開催する養成講習会以外に、協会の加盟団体、その他協会が認めた団体において開催することができます。
 本協会主催の講習会については「講習会開催情報」をご確認ください。

(2)認定プロバイダー養成講習会の開催
 公認インストラクターが、認定プロバイダー養成講習会を開催します(ただし、開催申請書の事前提出・承認が必要)。また、協会の加盟団体、その他協会が認めた団体において開催することができます。
《使用するテキスト等について》
 ページ下部の「資格管理センター」へお問い合わせください。

【養成講習会開催申請書(様式-1、別紙1,2)】※講習会開催予定日の30日前までに提出すること。
 ・ PDF版   ・EXCEL版 excel
 
【養成講習会開催報告書(様式-2、別紙3)】※講習会終了後30日以内に提出すること。
 ・PDF版   ・ EXCEL版 excel
 
(3)講習会受講料
 ・公認インストラクター養成講習会(20,000円(税込)/資料代含む)
 ・認定プロバイダー養成講習会(2,000円(税込))※実施する個人又は団体により上限2,000円の範囲内で個別に設定できます。

資格の登録、更新の手続きについて 
(1)新規登録申請
 スポーツ救急員養成講習会を修了し、認定基準を充たした者は、個人又は団体単位で、①新規登録申請書(様式-3)をページ下部の「資格管理センター」へ提出し、認定通知受領後に②登録料を納めることにより、4年間の認定資格を付与します。
《新規登録申請書(様式3)》 
 ・公認インストラクター PDF版   EXCEL版 excel
   ・認定プロバイダー   PDF版   EXCEL版 excel
《手続期日》
 協会からの認定通知受領後30日以内に上記①②の手続きを行ってください。
 手続き完了後は、登録証(カード)を発行いたします。

(2)登録の更新
 登録の更新を希望される場合は、①有効期限内に協会が定める更新要件を充たし②登録申請書(様式-3)及び①の証明書を協会へ提出し、③登録料を納めることにより、次の4年間の認定資格を付与します。
 ①更新要件
 ・公認インストラクター…有効期限内に次のa,bの両方を充たすこと。
             a.認定プロバイダー養成講習会の開催及び講師を年1回以上実施
             b.有効期限内に1回以上、協会の指定する研修会もしくは日本赤十字社等
              が主催する救急法基礎講習会を受講し、受講証明を取得する。
 ・認定プロバイダー…有効期限内に1回以上、次のa又はbを充たすこと。
             a.地域で開催される救急法の講習会に参加し、受講証明を取得する。
             b.スポーツ救急員認定プロバイダー養成講習会を受講する。

 ②更新登録申請書(様式-3)
 ・公認インストラクター PDF版   EXCEL版 excel
   ・認定プロバイダー   PDF版   EXCEL版 excel

 ③登録料
 ・公認インストラクター(20,000円(税込)/有効期限4年間)
 ・認定プロバイダー  (3,000円(税込)/有効期限4年間)

《手続期日》
有効期限の60日前までに上記①~③の手続きを行ってください。
手続き完了後は、新しい登録証(カード)を発行いたします。
※新規登録申請期間の30日を過ぎても申請を行わなかった場合及び更新手続きを有効期限の60日を過ぎても行わなかった場合は、登録資格は喪失します。
※有効期限は、登録証(カード)でご確認いただけます。

【スポーツ救急員 更新登録料振込先】

・銀行名:三井住友銀行【銀行コード:0009】
・支店名:麹町(コウジマチ)支店【支店コード:218】
・預金種別:普通預金
・口座番号:9195328
・口座名義:公益財団法人日本スポーツ施設協会
・口座名義カナ:コウエキザイダンホウジンニホンスポーツシセツキヨウカイ

※恐れ入りますが、振込手数料はご負担願います。

お願い1:振込人名の前に、更新する資格の頭文字及び登録番号を必ず入力してください。

更新する資格の頭文字 【例】公認インストラクターを更新する方
⇒ イ1234 シセツタロウ
イ … 公認インストラクター
プ … 認定プロバイダー

※登録番号未入力や、登録者本人と異なる振込人名で振り込まれた場合は、ご本人様へ電話でお問い合わせをするなど、納入確認完了までお時間をいただく場合がありますのでご承知おき願います。

お願い2:振込人名が登録者本人と異なる場合や、複数名分をまとめて振り込む場合などは、ページ下部の【資格管理センター】へ、メールまたはFAXにてご連絡ください

【記載例】

振込人名:●●●株式会社
振込金額:43,000円
振込銀行:●●銀行 ●●支店
振込日:●●年●月●日
氏  名: イ1234 施設太郎(シセツタロウ)
イ1256 施設太郎(シセツタロウ)
プ1278 施設華子(シセツハナコ)

登録情報の変更、登録証(カード)等の再発行について
(1)登録情報の変更

 住所、氏名、連絡先等に変更がある場合は、下記により変更の手続きをお願いいたします。
 ・『住所・氏名変更届 pdf』に必要事項をご記入の上、ページ下部の【資格管理センター】まで郵送、FAX又はメールで送付してください。

(2)登録証(カード)の再発行
 申請手続きにより再発行可能です(有料)。『登録証(カード)再発行申請書 pdf 』に必要事項をご記入の上、本協会育成課まで郵送、FAX又はメールで送付してください。
併せて再発行手数料(1部2,000円(税込・送料込))を上記口座へお振込みください。

(3)資格取得証明書の発行
 「資格認定証」は再発行できません。ただし、申請手続きにより「資格取得証明書」の発行は可能です(有料)。『資格取得証明書発行申請書 pdf』に必要事項をご記入の上、本協会育成課まで郵送、FAX又はメールで送付してください。
併せて発行手数料(1部1,000円(税込・送料込))を上記口座へお振込みください。

【お問い合わせ先】
①資格に関する申請書類、更新手続、住所・氏名変更届に関すること
【公益財団法人日本スポーツ施設協会 資格管理センター
 〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-31-11 KSビル4階
 TEL:0422-26-3000  FAX:0429-45-6877
 mail:jsfa99@postin-int.com
 お問い合わせ時間:9:00~17:00(土日祝日・年末年始を除く)

②本協会主催の養成講習会、登録証の再発行、資格取得証明書の発行に関すること
【公益財団法人日本スポーツ施設協会 育成課
 〒170-0002 東京都豊島区巣鴨2-7-14 巣鴨スポーツセンター別館3階
 TEL:03-5972-1983  FAX:03-5972-4106
 mail:mail@jp-sfa.or.jp
 お問い合わせ時間:9:00~17:00(平日12:00~13:00、土日祝日、年末年始、毎月末日を除く)