公認指導者資格更新制への「資格移行」について

■公認指導者制度について
本協会では2017(平成29)年4月1日付にて公認指導者制度を制定し、公認する指導者資格のすべてに4年ごとの資格更新制を導入いたしました。

■対象指導者資格
・認定トレーニング指導士(2012(平成24)年度以前に取得)
・認定水泳指導管理士(2016(平成28)年度以前に取得)
・認定体育施設管理士(2016(平成28)年度以前に取得)
・認定体育施設運営士(2016(平成28)年度以前に取得)
・認定上級体育施設管理士(2016(平成28)年度以前に取得)

 資格更新制に移行後の資格名称は【公認◯◯士】となります。
  ※例:公認スポーツ(体育)施設管理士

■移行期間について【終了しています】
①トレーニング指導士
2015(平成27)年10月1日~2019(令和元)年9月30日
②上記①以外の資格
2017(平成29)年4月1日~2021(令和3)年3月31日

上記対象資格を保有されている方で、上記期間に移行の手続きを済まされていない方は、移行期間終了後1年以上経過しているため、資格が「失効」となります。
資格の復活をご希望の場合は、復活手続きのご案内をご参照いただくか、下記までお問い合わせください。

 

【お問い合わせ先】 公益財団法人日本スポーツ施設協会 育成課
TEL:03-5972-1983  FAX:03-5972-4106
E-MAIL:mail@jp-sfa.or.jp(@を半角にしてください)
お問い合わせ時間:10:00~15:00
(土日祝日・毎月末日・年末年始を除く)